1. TOP
  2. 大規模修繕工事と長期修繕計画の関係性

大規模修繕工事と長期修繕計画の関係性

 2016/06/28 マンション 大規模修繕
この記事は約 2 分で読めます。
長期修繕計画素

大規模修繕を計画する際には長期修繕計画書での位置づけを確認します。

第一回目の大規模修繕工事では当初、売主より配布されている長期修繕計画書に基づいて行なわれることが多いです。

 

<長期修繕計画書での注意事項>

(1)次回の大規模修繕工事を意識して今回の費用を見込むこと

一回目の大規模修繕工事では行わない、給排水管の更正工事が二回目で行うことが多いです。更に三回目の大規模修繕工事では更正でなく更新工事が行なわれることが多いです。

更新では多くのマンションのパイプスペースが専有部分の中央にあるため内装壁を壊して行なわないと出来ない場合もあります。大変な費用負担となるのです。最初の大規模修繕工事直前が管理組合としてもっとも潤沢な資金状態と考えるのは誤りです。

 

(2)機械式駐車場の維持費と更新費用を見込んでいるか

屋外で雨露にあたるタイプの設置されている機械式駐車場は特に痛みが早いです。この更新費用は高く、管理組合内でも利用者と非利用者で維持や更新に対する意見が分かれるところです。

駐車場

特に郊外の月極め駐車場の安いような地域では利用料と維持費のバランスを欠き問題になる例があります。

 

(3)エレベーターの更新費用を見込んでいるか

エレベーターも更新が必要です。平成20年6月の国交省の長期修繕計画に関するガイドラインでは30年が更新時期と例として書かれています。

売主から与えられた長期修繕計画書は25年までのものが多く、以降そのような費用が出ることさえ不知な管理組合様もおります。

入居当初では想像もしないような修繕費用と修繕工事が建物には必須です。

 

参考記事 : マンションの資産価値を左右する大規模修繕とは?

参考記事 : マンション大規模修繕工事のための建物劣化診断【Q&A】

参考記事 : 後悔しないための大規模修繕工事の設計仕様書のポイント

参考記事 : 大規模修繕工事の業者選定から工事契約までのポイント

 

ライター紹介 ライター一覧

一級建築士 林 郁生

一級建築士 林 郁生

消費者のための第三者チェック機関、建築コンサルタント会社 ホームドクター株式会社 取締役
一級建築士、JSHI公認ホームインスペクター
マンション大規模修繕コンサルタントとして工事費削減、品質チェックの実績多数
建物検査インスペクションでは、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会理事、検査マニュアル作成委員長を歴任

関連記事

  • マンションの現状【マンション総合調査結果】

  • マンション内覧会前に知っておきたいチェックポイント

  • 不動産調査のプロが解説する中古マンション購入の注意点【保存版】

  • マンション管理組合の強い味方となるか?【マンション管理士の業務とは?】

  • マンション標準管理規約とは?

  • 新築後2年以内すべきこと【マンション共用部分の検査と4つの事項】