1. TOP
  2. マンション管理組合が抱えるトラブル

マンション管理組合が抱えるトラブル

 2016/06/28 マンション
この記事は約 2 分で読めます。
マンショントラブル

マンション総合調査によると、92.6%のマンション管理組合で、何らかのトラブルが発生しています。

 

マンショントラブルのランキング

そのトラブルは、多い順に、以下のようになっています。

  1. 居住者間のマナーをめぐるトラブル : 83.3%(前回調査 79.1%)
  2. 建物の不具合から生じるトラブル   : 54.8%(前回調査 48.9%)
  3. 費用負担に関するトラブル       : 41.4%(前回調査 36.2%)
  4. 近隣関係に関するトラブル       : 29.9%
  5. 管理組合の運営に関するトラブル  : 15.5%
  6. 管理会社等に関するトラブル     : 10.2%

※重複回答

マンション

第1位の「居住者間のマナーをめぐるトラブル」の具体的な内容

  1. 違法駐車・違法駐輪      : 55.5%(前回調査 37.7%)
  2. 生活音           : 52.1%(前回調査 51.9%)
  3. ペット飼育          : 48.9%(前回調査 47.0%)
  4. 共用廊下等への私物の放置    : 28.2%
  5. バルコニーの使用方法      : 21.5%(前回調査 16.8%)
  6. 専有部分のリフォーム       : 11.4%(前回調査 12.9%)

※重複回答

 

このような居住者間のマナーをめぐるトラブルを防止するために、予め、基本的な事項を管理規約で定め、細部の規定を使用細則等で定めておく必要があります。

マンション購入後には理事会に積極的に参加されることをお勧めします。
「誰かがやってくれるだろう」と思うことは他の居住者も思っているのです。

自分の家は自分で守る。あなたの積極的な行動が他の居住者の心を動かし、良好なマンションコミュニティーが生まれ、結果的にはマンションの価値を上げることになります。

 

参考マンションの資産価値を大きく左右する大規模修繕とは?

 

ライター紹介 ライター一覧

家プロ編集部

家プロ編集部

消費者エージェントの専門家グループ <住まいのホームドクター>
一級建築士、二級建築士、一級施工管理技士、マンション管理士、宅地建物取引士、公認不動産コンサルティングマスター、JSHI公認ホームインスペクターで構成されています。
マンション、一戸建て住宅の購入時、今お住まいの住宅の疑問や不安を一つでも解消して、安心して快適にお住まいになれる事にお役にたてれば幸いです。

関連記事

  • 中古マンション購入するなら建物だけを見てもダメですよ!

  • マンション管理組合の強い味方となるか?【マンション管理士の業務とは?】

  • マンションの現状【マンション総合調査結果】

  • 大規模修繕工事と長期修繕計画の関係性

  • マンション標準管理規約とは?

  • マンション内覧会前に知っておきたいチェックポイント